新着記事

スポンサーサイト

--.--.--(--) | EDIT

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: スポンサー広告

--:-- | Comment(-) | Trackback(-) | PageTop↑

スリップオン装着

2017.10.09(Mon) | EDIT

IMG_7102.jpg
数少ない走行枠の中これまでに富士を3回走ったがペースが上がるにつれ最新バイクに直線でまったく歯が立たないことが悔しくなる。
まだまだコースを攻略するに程遠いのだがそれにしても最新リッターSSの速さは驚異的だ。
4年以上前にヤフオクで格安で買っておいたTigcraftのスリップオンを付けてみた。
買っては見たもののこれは爆音ものだと容易にわかりサーキットを走る機会は無さそうなので実際に付けることはないかと思っていた。
装着前に重さを計るとSTDと比べて2本合計で6kgも軽量化となる。
それだけでも走り易さに繋がるだろう。
試しにエンジンをかけると吹かさなければバイクの出し入れ時くらいは日中であればギリギリ許される範囲かな?というレベル。
このS/OはECUの書き換えをしなくても10PSくらい上がるという売り文句もあるがECUを書き換えをすると更に効果が出るとのこと。
付属していた取説にはそうあるのだが何しろ中古だしずいぶん型遅れとなってしまったモデルなのでまだサービスを実施しているか一応Tigccraftさんに確認中である。
スポンサーサイト

富士初走行

2017.08.27(Sun) | EDIT

盆休み中の14、16日に走行するつもりで準備をしていたのだが両日とも土砂降りの雨だった。
結局猛暑の中ハイエースにバイクを積んだだけで盆休みが終わってしまった。

26日は雨が降ったりやんだりしていたが貴重な休日走行日でこの日を逃すと今度はいつ走れるかわからない。
とにかく富士に向かったが御殿場目前で大雨となりこの日もダメかとあきらめかけた。
とりあえずサーキットにたどり着き貴重な2本の走行枠の1本目は雨で走るのをやめました。
2本目の最後の走行枠は雨はあがりなんとかウェットタイヤでなくても走れそうになり初走行が叶った。

ところどころウェットパッチは残っていたが徐々に乾いていきほぼドライで走ることができたが残り5分くらいのところでサイドカバーが外れかけてパドックにもどりそのまま走行終了となった。

それにしてもサーキットを走るのはやはりいいものだった。
初めて会った周りの方々も気さくな人たちばかりで楽しい時間を過ごせた。

TUONOでのサーキット走行は初めてだったのだがSZR660とは異なりハイパワーで富士のストレートを全開で走るのは勇気がいった。
フルブレーキからフルバンクへなんて以前のような走りの方は全然出来なかった。
まるでヘッポコな走行だったが筑波で転倒して以来10年間忘れていた楽しさはやはりサーキットにしかないことを再認識するに十分だった。

富士スピードウェイのライセンス取得

2017.08.08(Tue) | EDIT

20170808183620f1c.jpg

久々にサーキットを走りました。
ハイエースでしたけど。。。。

休日出勤していた代替休暇がやっととれたのでFUJIのライセンスを取りに行ってきました。
台風5号の影響で中央高速が通行止めになってましたが圏央道と東名は問題なく家から1.5時間で到着。
以前行っていたツクバやSUGOに比べて本当に近い。

悪天候のためか講習会参加者は私ともう一人の方のたった2名。
任意の下見走行はバイクではないので見送ろうと思ったのですがハイエースでも走行可とのことで走ってみました。

ハイエースで富士を爆走するとは思いませんでした。
先導走行とはいえ講習会参加者と体験走行の人たちはやっぱり走り屋風の人たち。
それに混ざってただ一人ワゴン車で着いていくのに結構踏み込んで走りました。
第一コーナーとかきつくてちっとも曲がりません。

走行後の帰り道は排気管のすすが飛んだのかエンジンが元気になったような気がしました。
そもそもバイクで走りますがライセンスは同料金で4輪もカートもOKとのことで全部登録しておきました。
これでまたサーキット走行再開です。

Tuonoにハイグリップタイヤ

2017.08.05(Sat) | EDIT

201708051901408b1.jpg
ピレリは初めて履く銘柄です。
一応サーキット用のようですが峠もいけるそうです。
なんでもこれかメッツラーのレーステックが今一番レースよりのタイヤだそうです。
Tuonoで練習走行でもまた始めるつもりです。
それにしても炎天下の整備は辛かった。

VFにホンダS9オイル

2017.05.03(Wed) | EDIT

20170505102803e2e.jpg
減ったオイルを継ぎ足して乗っていたので交換は一年ぶり。
今まではホンダ純正のG2を入れていたが今回ははじめてS9を入れた。

ホンダのサイトでは高年式大型空冷エンジン向けとなっているのでVFのような旧車の大型水冷にはどうかなと思うのだがオーナーズクラブでもこのオイルを入れている人がいるので試してみる。

小一時間の試乗では特に違和感がなかった。
クラッチの繋がりが多少固くなったようしっかりしたような感じ、繋ぎはじめはわずかに滑ったクラッチがすぐに噛みつく感じ。

現走行距離は25205マイル

タイヤ交換 IRC TR-011ツーリスト

2017.02.18(Sat) | EDIT

ダートラタイヤのK180に換えて以来1年以上が経過したがその間前後17インチのオンタイヤにも純正のオフタイヤにもとうとう一度も換えずにそのまま乗ってきた。
前19、後18インチのK180が非常に具合がよかった。
しかし林道に入るとK180では危うい場面も少なくなかった。
そこで以前より気になっていたIRCのツーリストを純正ホイールに履かせてみた。
20170218224808778.jpg
早速河原で遊んでみるとさすがに全く滑らず安心して走らせられた。
20170218224805ca8.jpg
201702182248073f9.jpg
後輪の外径がだいぶ大きくなるため泥除け部品とクリアランスがギリギリ。
河原では特に走行に支障はなかったが泥がタイヤに付くようなコースでは後輪の回転が止まるんじゃないだろうか?
チェーンを換えるときは一コマか二コマ長くした方がよさそう。
ハンドリングは純正タイヤの時にUターン時の切れ込みが気になったがツーリストではそれが無い。
前のタイヤが古くて硬化していたのもあるだろうしリアの外径が大きくなったのも起因しているだろうか。
ツーリストは四角いキャラメル型のブロックパターンでレトロなデザインが気に入っている。
スクランブラーなんかにも似合いそう。
もともとはトライアル用コンペの公道版なので林道には申し分なさそう。
ブロックは非常に柔らかく走行抵抗は大きいかも知れないがしっとりした接地感で乗り心地がいい。
お気に入りのタイヤになりそうだ。

年末の奥多摩プチツー

2016.12.29(Thu) | EDIT

201612292143186ca.jpg
セローで奥多摩のいつもの場所へ
今日は望遠鏡も持ってきました。
コーヒーを淹れて遠くを眺めながら道端に腰かけていると日向が暖かくて気持ちよかった。
20161229214317c02.jpg
ドローンも持ってきました。


201612292143198d2.jpg
風張峠から奥多摩周遊へ抜けて「のんきや」のらーめんを
20161229214321abc.jpg
途中奥多摩猿軍団に
2016122921432282d.jpg

VFツーリング

2016.11.12(Sat) | EDIT

201611122029071e5.jpg
20161112202909c09.jpg
20161112202909a49.jpg
9月下旬に雨天中止となったビーナスラインのリベンジツーリングに行ってきた。
おそらくもう少しすると冬季通行止めとなる道路を沢山走ってきた。
それにしても今日は好天に恵まれた。
美術館の駐車場で仲間の一人が雪だるまを作っていたので借りて記念撮影。
7月以来のツーリングだがもう今年最後となるだろう。
長野の山々は雪をかぶり始めていた。
距離的にもちょうどいい感じの久々のツーリングは帰ってきてからの疲労感が心地よかった。
総走行距離260マイル416km、燃費14.3km/L

Tuono修理2

2016.10.30(Sun) | EDIT

20161029194724aaa.jpg
201610291947250b7.jpg
左:取り外した純正品。よく見ると被覆がはがれて導線が露出しているところあった。
右:AF1Racingから取り寄せたOEMの「Ricks Motorsport Electric Stator」 純正に比べて厚さが薄い。140$で買えるのだから安くて助かる。クランクケース左側のガスケット(31$)も買いました。
20161029194727904.jpg
取り付けは必ず同梱のボルトを使うこと。純正のボルトでは長すぎてケースを突き破る恐れありと説明書にあった。
20161029194727d51.jpg
コネクターは純正を切断してハンダでつなごうとも思ったがエーモンの3極コネクターにした。容量不足が不安だがしばらく様子見。

201610291947296d1.jpg
バッテリー満充電でエンジンをかけても電圧は12vを切っていたが見事にアイドリングで14.3Vを表示。
とりあえず直った?ようだ。

Tuono修理

2016.10.23(Sun) | EDIT

20161023202847733.jpg
JAFのお世話になって3週間が経った。
AF1RACINGという海外サイトに発注をかけてステータコイルとガスケットを購入。
米国テキサスからの発送だったが正味10日かかってやっと届いた。
まずは分解して現状を確認。
オイルで黒いのかよくわからないがコイルの一部に炭化しているところがある。
オーストラリアのモトGP中継を見ながらだったので作業は進まず。
午後になって今にも雨が降ってきそうで落ち着いて作業ができない。
今日はここまでとして交換はまた後日。
新しいステータコイルにはコネクターは付属しておらずレギュレーターへのコネクターの処理は純正をハンダ付けするよう取説には書いてある。
それとも別のに変えるか考えなくてはならない。

今まで

現在

現在の閲覧者数:

プロフィール

ゴンタケケ

Author:ゴンタケケ
2013.11.2 DTIから引っ越してきました

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。